アニメ・コミック

リリカルマジカル&真・らき☆フェス(5/29)

リリカルマジカルの会場・蒲田PIOには午前11時少し過ぎに到着し、カタログを買って早速中に。今回も前回同様ぷにケットとの併催で手前道路側がリリマジ、奥がぷにケットとなっています。手早く挨拶回りをして買い物をした後になのはスロットの実機があったのでプレイしてみました。
12時30分過ぎにPIOを後にして京浜東北線、品川で高崎線に乗り換えて北上。途中上野東京ラインがトラブルと計画全体が怪しくなるのですが、無事神田峠を通過。作戦成功。さいたま新都心で上野始発の東北線電車に乗り換え。久喜で快速追いぬきとのことですが東鷲宮からのバスにちょうど接続するとのことで久喜で降りずそのまま東鷲宮へ。バスを郵便局前で降りて、らきフェスの会場、本町集会所ヘ入りました。昨年同様にお座敷にサークルが並んでいる格好でしばらくあいさつ回りと買い物をしました。時間も押し迫っていたので別会場である駅前の飲食店、ブロッサムとスナック記念日に急行。途中、本町集会所向かいにある郵便局駐車場でアニメグッズを持ち寄ったフリーマーケットが開かれていて少しのぞきました。そして駅方向に走りさくっと買い物をして元の集会場に戻り、しばらくたったところで閉会しました。
即売会の部が終わり、アフターイベントのじゃんけん大会でグッズが振る舞われるのですが、景品を受け取る際に1人1回限りということでカタログに消印が押されます。なので2回以上当てた人には改めてカタログを買うよう公式に促されていました。
私はその後鷲宮神社に行き絵馬を見てきました。実は今年初めてで楽しみにしていましたのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの花きっぷを買いに秩父へ Buy Anohana ticket set to Chichibu

工事中

I went to Chichibu on Friday. I took Subway train of Shinjuku and Oedo lines and Seibu Ikebukuro line. I bought "Metropolitan Subway Autumn One Day Pass" (\500) and two Seibu shareholders' one way tickets (about 550 yen, may vary on ticket stores) I changed trains at Motoyawata, Shinjuku, Nerima and Hanno Stations.
I take limited express train at Hanno and paid 350 yen for seat ticket. I arrived Seibu-chichibu Station at some before of 1 pm. I bought ticket set of Anohana or Ano Hi Mita Hana no Namae o Bokutachi wa Mada Shiranai. It sold about 2700 copies on first day. I borrowed on Anohana Map tourist information counter.
I walk at the town of Chihibu and some information centre has notebooks for drawing. I sow a temple and sold character printed plaque. (Menma Anaru and Tsuruko). And I went to see the bridge.
I take train for return at Onohara Station for Ikebukuro. I changed train at Tokorozawa for Shinjuku. I went to Akihabara few hours and by SD memory card for camera.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロッコリー、ゲーマーズ店舗をアニメイトに譲渡

Broccoli will handover their comic store chain Gamers to Animate from June.

 ブロッコリーは3月30日、リテール(小売り)事業から撤退すると発表した。「アニブロゲーマーズ」16店舗と通販サイトを含む同事業を、店舗を共同運 営してきたアニメイトに6月1日付けで譲渡する。小売り事業は営業赤字が続いており、市場の先行きも不透明なことから、今後はカードゲームなどに集中して 「コンテンツ&リアルグッズメーカーとして再起を図る」としている。(以下略)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1103/30/news082.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まほろさんに再び会えるとは

「まほろまてぃっく特別編 ただいま◆おかえり」放送決定

(コミックナタリー - 08月26日 13:15)

中山文十郎原作、ぢたま(某)作画「まほろまてぃっく」のアニメ特別編が、10月に放送されることが決定した。アニメ制作を手がけるのはガイナックス。

「まほろまてぃっく」は、月刊コミックガム(ワニブックス)にて連載された、アンドロイドのメイドとそのご主人様を中心としたラブコメディ。2001年にアニメ化され、メイドヒロインものの先駆け的作品として人気を集めた。

特別編のタイトルは「まほろまてぃっく特別編 ただいま◆おかえり」。10月17日と24日の2日間にわたりBS-TBSで放送され、12月にはBlu-rayとDVDの発売も決定している。

なお、本日8月26日発売の月刊コミックガム10月号には、特別編放送を記念しアニメ「まほろまてぃっく」で声優を務める、まほろ役の川澄綾子、 みなわ役の清水愛、優役の瀧本富士子による座談会を収録。さらにアニメ版の特大ポスターも付録として封入されているので、こちらも見逃せない。

http://natalie.mu/comic/news/show/id/20405

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「オタクビル」、小学館がサンフランシスコに開設

http://www.newpeopleworld.com/

アメリカ初の「オタクカルチャー施設」、サンフランシスコにオープン

日本のアニメや漫画などを専門に取り扱う、アメリカで初めてのいわゆる「オタクカルチャー施設」が、サンフランシスコにオープンした。
「Jポップカルチャー」の新たな発信源となるのか、注目が集まる。
Jポップカルチャーを集めたこのビルには、ファンが多く集まり、すでにサンフランシスコの観光名所となりつつある。
アメリカで初めてのオタクカルチャー施設「ニューピープル」は、8月15日にオープンした。
初日は、コスプレ姿のJポップカルチャーファンが全米各地から集結し、その数は、2万人を超え、およそ4,000人が施設に入りきれなかったという。
店員は「お客さんの中には、興奮して泣き出した人もいました」と話した。
地上3階、地下1階建てのビルの1階では、日本の漫画やビデオ、フィギュアなどを売っているほか、2階には「かわいい」系スタイルで知られる東京・原宿の洋品店など数店が出店している。
また、日本アニメのキャラクターだけを扱う画廊や、映画館も備えている。
ファンは「Jポップカルチャーは、アメリカのものよりとても楽しくて、わくわくする」、「こういうかわいいファッションは、アメリカのほかのお店にはないわ」などと話した。
アメリカでの漫画の売り上げは、2007年に日本円でおよそ375億円にまでのぼっている。
このビルも、日本の出版社「小学館」が全額出資した。
ビズ・ピクチャーズの堀淵清治社長は「漫画を通して、日本のことをもっと知りたいという人たちが増えてきた。漫画・アニメ以外の次のきちっとしたものを紹介できる(実感があった)」と話した。
日本のポップカルチャーは、アメリカで確実にファンを広げていて、この施設は、月およそ3,000万円の売り上げを見込んでいる。

(08/19 12:35)

http://www.fnn-news.com/cgi-bin/fnnmenu/chgPage.cgi?url=news/headlines/articles/CONN00161272.html&id=rss

J-Pop explodes: New People mall opening in S.F.

Beth Hughes, Special to The Chronicle

Sunday, August 9, 2009

New People, the nation's first retail and entertainment complex dedicated to Japanese popular culture, opens on Post Street on Saturday.

J-Pop, as its friends call it, is all about the cultural phenomena that are comic books, animated films, movies, music and riotous up-from-the-street fashions.

Now, after 30-some years of simmering in the United States - who doesn't know Hello Kitty? - J-Pop has hit a full, rolling boil. And Seiji Horibuchi, the founder and CEO of San Francisco's VIZ Pictures and Viz Media, one of the first importers and translators of manga, or comic books, called it when he decided to embark on the New People J-Pop project four years ago.

His vision is realized in a $15 million, 20,000-square-foot project in a three-story building with a transparent glass facade that will reveal a taste of Tokyo's giddy controlled chaos within.

Designed by the Japanese architectural firm Torafu as a giant art installation, there's a subterranean cinema (all Japanese contemporary movies, all the time) with a concession offering Blue Bottle Coffee and organic snacks from Delica.

A retail operation called New People, The Store occupies the ground floor. Upstairs, Horibuchi installed boutiques for some of Tokyo's hottest J-Pop fashion labels from the trendy Harajuki district - Baby, The Stars Shine Bright, Black Peace Now, 6%DokiDoki and Sou-Sou, which sells updated versions of jikatabi, the traditional split-toe workers' shoe.
Manga's influence

Topping it off is the Superfrog Gallery, on the third floor, showcasing the work of artists inspired by Japanese pop culture. First up, Yoshitaka Amano, who designed the characters for the video game Final Fantasy.

Why is this J-Pop's U.S. moment?

"If you're in your teens or early 20s, it's hard to miss manga and anime," says Frederik L. Schodt, the Bay Area author of "Manga! Manga!: The World of Japanese Comics." If you're outside the demographic cohort that grew up on Gundam and Pokémon, you're quite possibly a parent or grandparent or unrelated adult who shared viewing time, if not game time. Chances are, some J-Pop stuck with you.

Thus, more and more people realized that "manga and anime are fun, and they're interesting. If it weren't interesting and fun, it wouldn't have gone anywhere," says Schodt, who was awarded the Order of the Rising Sun, Gold Rays with Rosette by the Japanese government in June for his work popularizing manga and anime outside Japan. "It's not like there was an open door for this. The early fans had to really struggle to get hold of what they wanted."

Today, there's so much anime, or animated film, on television and cable networks that Web sites like Anime on TV maintain up-to-date showtimes, episode synopses and reviews. Wal-Mart and the big chain bookstores sell anime and manga. There's even a New York Times best-seller list for manga; titles from Viz Comics are almost always on it.

San Francisco's Asian Art Museum saluted Tezuka Osamu, the creator of Astro Boy, with a show called "The Marvel of Manga" in 2007. Moviemakers are also embracing J-Pop. Hayao Miyazaki's latest, "Ponyo," opens Friday with Tina Fey, Matt Damon and Cate Blanchett voicing characters in the goldfish fairy tale.
Bringing back customers

Which brings us back to what's happening in Japantown, an ethnic enclave that even its boosters agree needs a boost. J-Pop established a significant presence several years ago when a Best Western emerged from a makeover by its new owner, San Francisco's Joie de Vivre Hospitality, as Hotel Tomo, a colorful tribute to J-Pop's verve.

Richard Hashimoto, president of the Japantown Merchants Association, sees New People as a way to recapture young customers, dissatisfied after Japantown Bowl closed in 2001.

He's ready for the reboot. He watched "Astro Boy" and "Speed Racer" on TV as a kid, "and it's amazing to see how it's revived. ... I'm excited."

Beyond the anime and manga mania, the blast of Tokyo retail will be very hard to ignore. New People, The Store is an almost curated assemblage of goods including Fewmany's collectible figures, Q-Pot jewelry, Giraffe neckties, stationery and ergonomic items for home and office, with many items available for the first time outside Japan.

"It represents the whole spectrum of Japanese pop culture," says Horibuchi. "We want our customers to have a true Tokyo shopping experience."

Rounding it out are the J-Pop fashion boutiques, all of which will offer items sized for Western physiques. (If you want to be big in Japan and you're not a band, be a U.S. size 10.)

Sou-Sou, the split-toe shoemaker, is the first of a planned cavalcade of merchants who will set up shop for just a few months. CEO and designer Takeshi Wakabayashi says the company, which gets orders for both its handmade shoes and the special socks worn with them from outside Japan via its Web site, plans on staying at least six months.
Harajuku's greatest hits

Baby, The Stars Shine Bright opted in after the 2004 movie "Kamikaze Girls" ("Shimotsuma Monogatari") became a cult hit outside Japan. A main character wore only clothing from the company founded in 1988 and named after a song by Everything But the Girl. That increased non-Japanese interest in its kawaii (cute) look, according to Fumiyo Isobe, one of the founders. Known as Sweet Lolita, it's created around pastel colors, cute fantasy princess and floral prints, and a profound appreciation of the more rococo aspects of Victorian and Edwardian girls' clothing.

Asuka Hagiwara, general manager of Black Peace Now, said the company realized the overseas demand for its Gothic Lolita look three years ago at the Japan Expo in France. Horibuchi chose almost that exact moment to propose they open a shop at New People. "We were intrigued by the idea and decided to proceed," said Hagiwara in an e-mail.

Gothic Lolita resembles Sweet Lolita but with a darker palette of dark blues, purples and black that continues right through to makeup and accessories. Cross jewelry and other religious symbols make the Gothic Lolita goth, as do bags and purses shaped like bats or coffins.

Countering those somber tones is 6%DokiDoki, a leading light in decora, immediately recognizable because of its vivid colors and whimsical gaiety inspired by dolls and toys. Think stars, hearts and circus animal motifs, big lamé bow clips arrayed in customized looks. "It makes the person wearing the style and the surrounding people happy," Sebastian Matsuda, the company director, said in an e-mail.

To keep U.S. customers from crossing that fine pink line separating cute from clownish, 6%DokiDoki is pulling out all the stops, even as it presents the "Sensational Kawaii" line as a San Francisco exclusive. Matsuda says employees "will act as guides to the 6%DokiDoki outlook on the world and make it easier to understand and figure out."

This article has been corrected since it appeared in print editions.

Visiting New People

1746 Post St. (between Webster and Buchanan), San Francisco. Boutiques open 11 a.m.-7 p.m. daily. For a schedule of New People opening events, including the J-Pop Summit Festival co-chaired by Hello Kitty, go to newpeopleworld.com.

Beth Hughes has lived and worked in Japan, where a career highlight was interviewing Hello Kitty at her world headquarters. E-mail comments to style@sfchronicle.com.

Read more:

http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2009/08/07/LVET192848.DTL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けいおん!ニュース

TVアニメ『けいおん!』、WEBラジオ「らじおん!」の公開録音「ろくおん!」でついに生演奏が実現!
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/07/31/k-on/index.html

動くアニメ”が“良いアニメ”
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/buy/20090730_305885.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンデーマガジン50周年記念原画展 Comic art exhibition from Shonen Sunday and Magazine will held

サンデー・マガジン:創刊50年展 100作の原画、社会への影響を模型で紹介

 「週刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年マガジン」(講談社)の歴史を振り返る展覧会「サンデー・マガジンのDNA 週刊少年漫画誌の50年」が7月18日~9月13日、「川崎市市民ミュージアム」(川崎市中原区)で開かれる。

 会場は、マンガ評論家の夏目房之介さんらの監修で1959年の創刊から現在までの年表や、「あしたのジョー」や「タッチ」など100作品の原画 などを紹介。「ボクシング」「ラブコメ」「野球」など両誌の競争から生まれた少年マンガの「DNA」が社会に与えた影響を検証する模型も展示される。

 手塚治虫さんや赤塚不二夫さん、石ノ森章太郎さんら昭和を代表するマンガ家を生んだ伝説のアパート「トキワ荘」を紹介するコーナーや「『あしたのジョー』と『巨人の星』」「『タッチ』と『うる星やつら』」などの展示もある。

 「1・2の三四郎」の作者・小林まことさん(7月25日)や「ゴルゴ13」のさいとう・たかをさん(8月8日)のトークイベントも開く。入場料一般800円、学生・65歳以上500円、中学生以下は無料。【近藤啓文】

2009年6月25日
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20090625mog00m200042000c.html

http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivjul0907502/

http://websunday.net/dna/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミケットスペシャル、旧京成跡で確定か Comic Market Special will held at site of former Mito Keisei Dept Store

漫画・アニメで地域活性化 10年3月、水戸で地方版コミケ

 日本最大の漫画同人誌の即売会「コミックマーケット」(コミケ)を主催する有限会社コミケット(東京・世田谷)は2010年3月、水戸市中心街 で地方版コミケを開く。地元有志らが誘致を呼びかけ、開催が決まった。コミケは東京ビッグサイト(東京・江東)で毎年開かれ50万人以上の集客力を持つ が、地方都市での開催は沖縄以外では初。地元は水戸をアピールするとともに、中心街の活性化につなげたい考え。

 コミケは世界最大級の漫画・アニメの祭典。1975年に始まり、現在は夏と冬の年2回、東京ビッグサイトで開かれている。愛好者でつくるサーク ルが各ブースで自作の同人誌などを販売。ゲームやアニメの登場人物の格好をまねた「コスチュームプレーヤー」による撮影会などもある。

 コミケの主催者は「コミケでまちおこし」をテーマに、地方版コミケの開催地を募集。水戸市役所の有志らが誘致を呼びかけ、市内での開催が決まった。開催日は来年3月21日。場所は旧京成百貨店跡の商業ビル「キミット」で調整している。

http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20090629c3b2904b29.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けいおん、楽器業界を潤す Music insturument industry got temporary benefits from K-on

 既報の通り(記事参照)、" 異常人気"を誇るTBS系テレビアニメ『けいおん!』が、その勢力を維持したまま放送各地で最終13話を迎えつつある。人気のバロメータは音楽CDの売り 上げだ。高校の軽音楽部を舞台に学園祭のライブを目指すストーリーとあって、主題歌、劇中歌、キャラクターソングCDを連発しているが、いずれもオリコン チャート上位を賑わせている。

 公式グッズの定番ともいえるCDだけでなく、作中でキャラクターが使用する実在の小物までもがファンの注目を浴び、売り上げを伸ばしているとい う。各回放映直後に「澪(ヒロインのひとり)が持っていたピンクのバッグはTommy Hilfigerだ」などという調子で特定し、購入に走る現象が続いているのだ。

 6月に入って動きが活発なのは、作中でドラム担当のヒロイン・田井中律が愛用しているLAMYの「サファリペンシル イエロー L118」。小売価格は2,625円と、シャープペンシルとしてはやや高めだが、Amazonや楽天など通販サイトでは軒並み品切れとなっている。次回入 荷予定は6月末だ。

「5月の1週目から当該商品の動きが急に活発になりました。5月、6月の売り上げを前年度と比較すると2.5倍。次回出荷本数の1/3にあたる 500本はアニメグッズショップ向けの特別枠です。こういったグッズを扱っているお店からのオーダーは従来にはなかったことです」(LAMY輸入元)

 AKG(アーカーゲー)のヘッドホン「K701」がバカ売れと、ネットニュースで大きく取り上げられたのも記憶に新しい。一番人気のベース担 当・秋山澪のお気に入りとあって、彼女と同一化したいファンがこぞって買い占めたようだ。正規の輸入元によると「4~5月がやや品薄になったのは確かで す。もとよりAKGのフラッグシップモデルとして売れ行きは好調であり、どこまでが『けいおん!』の影響によるものか断定はできませんが、+αはあったの ではないでしょうか」とのこと。

 アニメ製作側が製作費を回収するための「ライセンス商品」ではない、「キャラクターが愛用する何か」が、ここまで反響を呼んだのは史上初ではないだろうか?

『けいおん!』の経済効果はこれだけにとどまらない。一般消費者にとっては高額商品の領域にあるエレキギター、ベース、キーボードにまで影響が及んでいる。

 最初に楽器業界を驚嘆させたのは、フェンダージャパンのベース「JB62/LH/3TS」の大ヒット。秋山澪の使用モデルだが、「『けいお ん!』の放送開始後、4月末~5月間での2週間あまりで例年の4~5ヶ月分が売れました。現在、通常の2年間分に相当する数を工場に発注している状況で す」(フェンダージャパン発売元の神田商会)というほどの勢いがある。左利き用ギター、ベースの専門店である谷口楽器、老舗として名高い山野楽器銀座本店 でも、6月分として入荷した2本がたちまちはけてしまった。実は、これは毎月供給される通常生産分。納品には発注から4ヵ月を要するため、「通常の2年間 相当数」が楽器店に入荷するのには、9月まで待たなければならない。店頭実勢価格75,000円前後の普及価格帯でありながら、市場に存在しない「幻の ベース」となっているのが現状だ。生産本数が少ない左利き用である点を考慮に入れても、『けいおん!』のインパクトは相当大きかったものと見える。

 山野楽器銀座本店は「入荷後、即完売するという状況です。時には1週間で例年の1年分の本数が売れることもあります」とコメント。また『けいお ん!』のPOPで各キャラクター使用モデルをディスプレイしているイシバシ楽器店渋谷店も、「メーカーから仕入れられるだけ仕入れても、すぐに売れてしま うという状況です」と、『けいおん!』熱を客単価レベルで実感しているようだ。

「4~5月の、左利き用を含む『JB62』の売り上げは、例年の50%増。同シリーズの上位機種に関してはいずれも10~20%増となっています」と、神田商会の担当者は語っている。さらにこうも語った。

「今回のブームは一過性のものとせずに、ぜひとも定着させていきたいと思っています。例えばガールズ・バンドのイベント開催、可能であるならば、シグネイチャーモデルの発売など、『けいおん!』で火がついた楽器ブームを盛り上げていきたいと思っています」

 ちなみに澪以外のメンバーの担当楽器についての影響は以下の通り。

・田井中律のドラムセット「HipGig メローイエロー」
「今のところ売り上げに変化はありません」(YAMAHA広報)

・琴吹紬のキーボード「TRITON EXTREME 76」(生産終了品)
「生産が終了していますので、お問い合わせいただいたお客様には現行機種「X50」、「M50」を薦めさせていただいています。『けいおん!』の影響は大きいです」(KORG広報)

・平沢唯のギター「Gibson 2008 Les Paul Standard」
「エピフォンのレスポール(店頭実勢価格25万円のギブソンに対し、5~7万円と安い)が非常によく売れています。これまでにない勢いですね」(イシバシ楽器店 渋谷店)
「実際に数は把握してはいないのですが、弊社ではベースよりも廉価モデルのレスポール・ギターの方が売れているようです」(廉価モデル販売メーカーA)

 もっとも、レスポールに関してはさほど影響はないという声も散見された。『けいおん!』の楽器ブームは「JB62/LH/3TS」と 「TRITON EXTREME 76」に集約されたものといえそうだ。「JB62/LH/3TS」については、澪のコスプレをする際の必需品ともいえ、切実性が高いことも関係している。 「TRITON EXTREME 76」は蒼く光る真空管のカッコよさ、生産終了によるレアアイテム化が人気に拍車をかけた。

 ともあれ、昨年来、不況で売り上げがガタ落ちした楽器業界にとっては、『けいおん!』はまさに救世主と言えるだろう。

 それにしても、おそるべきはアニメファン、またはコスプレイヤーの購買意欲である。裾野にあるのは、気に入った作品の関連物をネット通販で買い 占める、オタクのライフスタイルだ。ネット上では「楽器はアニメグッズじゃない」「キャラが使っていたらどんなものでも買うのか」と否定的な意見もちらほ ら見かけるが、コスプレを充実させたい、好きな「萌えアニメ」に同化したいという欲望は、そのような指摘をものともしないのだろう。

 左利きのプレイヤーによい楽器を供給したいという思いで開店した谷口楽器は「本来必要としている人の手に楽器が渡らなくなっています。できれば ちゃんと弾いてくれる人に買ってもらいたい」と苦言を呈している。半年後には中古市場に関連楽器が溢れかえると予想する業界人は少なくない。

 しかし劇中歌CDに各楽器パート抜きのマイナス1トラックを収録したり、バンドスコアの発売を予定するなど、送り手側にも「演奏を楽しんでほしい」気持ちがあるのは確かなようだ。

 その姿勢へのアンサーとして、実際にライブで『けいおん!』の曲を演奏するアマチュアバンドの話もちらほらと耳にするようになった。アニメ・ ゲーム系の楽曲を演奏する「ダメ系」バンド界隈でも、『けいおん!』がムーブメントになっているのである。「オタク×バンド」という市場が芽吹いてきてい ることも、『けいおん!』のヒットに一役買っているのかもしれない。

 楽器の再現性、運指の正確さ、エモーショナルな高揚など、リアリティにこだわった演奏描写。バンド感溢れる、3コードパンクをベースにした楽曲 群。そして「萌えアニメの皮を被った青春ROCK小説」的なストーリーで09年上半期の話題を独占した『けいおん!』だが、その経済効果は従来の範囲を大 きく超えている。アニメファンの懐という畠への開拓が、日本経済に一筋の光明をもたらしているようだ。
http://www.cyzo.com/2009/06/post_2244.html

特集:「けいおん!」 京の楽器店が“聖地”に? テーマ曲は記録的ヒット

 今春スタートしたアニメ「けいおん!」(TBS系)。軽音楽部の女子高生の日常を描いたコメディーは、深夜帯の放送ながら、テーマ曲が大ヒット し、モデルになった京都の音楽店に、ファンが“巡礼”に訪れるなど、同じ京都アニメーションが制作した「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」に続くブームを 起こしそうだ。【河村成浩】

 「けいおん!」は、私立桜が丘高校の新入生、田井中律は幼なじみの秋山澪と軽音部の見学に行くが、部員全員が卒業し、新たに4人が入部しないと 廃部になることを知る。合唱部の見学にきた琴吹紬(つむぎ)を仲間に加え、最後の一人として、「軽い音楽」と勘違いしてやって来た音楽初心者の平沢唯が入 部。楽器を購入、学園祭を目指して一から練習を始める……という物語。

 原作は、かきふらいさんが「まんがタイムきらら」(芳文社)で連載している4コママンガ。かきふらいさんは、06年末の同人誌即売会「コミック マーケット」で、マンガ「ドージンワーク」を担当した篠原猛デスクに「絵柄が親しみやすい」とスカウトされた新人。大学時代のバンド経験を元に、初連載の テーマに音楽を選び、主人公・唯を音楽の素人にして、音楽初心者でも読めるマンガを目指したという。

 アニメは、「涼宮ハルヒの憂鬱」や「らき☆すた」などを手掛け、作画の質の高さや、凝った仕掛けで熱狂的なファンが多い京都アニメーションが制 作。4月の放送開始以来、、視聴率は平均2・2%(ビデオリサーチ社調べ)と深夜アニメの“合格点”といわれる2・0%を超え、録画率も高いという。

 原作との最大の違いは、実際に音楽が付くことだ。唯役の豊崎愛生さん、澪役の日笠陽子さん、律役の佐藤聡美さん、紬役の寿美菜子さんの4人の 「桜高軽音部」名義でバンドのテーマ曲や劇中歌を制作。エンディング曲の「Don’t say “lazy”」とオープニング曲 「Cagayake!GIRLS」が4月22日に発売され、24日付のオリコンデイリーチャートで1、2位を独占。さらに、週間ランキングでも、3週連続 トップ10入りを果たし、98年のラルクアンシエル以来11年ぶりの快挙を達成した。5月20日に発売された劇中歌「ふわふわ時間(タイム)」も初登場で 週間3位に入るヒットとなっている。

 音楽・映像販売のポニーキャニオンは「曲とアニメの世界観を統一するのはもちろん、本当にバンドで演奏できる曲にしたかった」とし、「ふわふわ 時間」ではギター、ベース、キーボード、ドラムのそれぞれのパートを抜いた「マイナスワン」バージョンを収録し、購入者が“セッション”できる。

 アニメに登場する楽器店と“そっくり”という京都市中京区の楽器販売店「JEUGIA」には、ゴールデンウイーク直後から「写真を撮りたい」と 言う20~30代の男性が増え始めたという。インターネットには、アニメのシーンとモデルになった場所の写真を撮り、比べるサイトもあるほどだ。さらに、 澪が使う「フェンダー」のベースの左利きモデルを問い合わせて、代わりに右利き(約6万円)をポンと買っていく客や、店内のレイアウトを変えると「どうし て(アニメと一緒なのに)変えるんですか?」と苦情を言われるケースもあったという。同店の梅澤透マネジャーは「若い人の来店者は確実に増えました。楽器 に触れて、音楽に興味を持つきっかけになれば」と話している。
 ◇

 アニメは、6月18日深夜に「最終回」が放送され、25日深夜の「番外編」で終了。当初より1回放送が減ったと誤解したファンがインターネット で盛り上がるなど最後まで話題を振りまいた。2月に計10万部だった原作も、現在は80万部と売り上げも急上昇している。果たして楽器店が新たな“聖地” として京の新名所になるか、今後も注目だ。
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20090626mog00m200010000c.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

建築士がマンガの家を再現 An architect made house models on comic.

漫画の主人公こんな家 「模型住宅展示場」8月オープン

 天才バカボンやドラえもんなど漫画の主人公の家の模型を集めた住宅展示会が8月、盛岡市と山形県新庄市で開かれる。昨年出版された「名作マンガ の間取り」(ソフトバンククリエイティブ社)の作者で不動産業の影山明仁さん(44)=盛岡市=と、2級建築士鎌田顕司さん(31)=新庄市=がタッグを 結成。急ピッチで建築作業が進んでいる。

 これまで完成した家は、Dr.スランプのアラレちゃん宅、ブラック・ジャック宅、釣りキチ三平宅、ドカベン宅、魔法使いサリー宅など10戸。

 展示会にはそれぞれ20戸ほどが出品される。会場の広さに合わせて盛岡は実物100分の1、新庄は50分の1サイズとしている。

 建築士の鎌田さんが制作を担当。影山さんは間取りの図面提供などでかかわる。ユニークな企画は、鎌田さんが今年初め、影山さんの本のことを知り、本人に連絡したのがきっかけ。初対面だったが、話はとんとん拍子に進み、双方の地元で展示会を開くことでまとまった。

 2人は家の外観などについて、電子メールを利用し入念に打ち合わせをする。鎌田さんは影山さんのイメージを損なわないように、住宅模型には欠かせないスチレンボードを使用している。

 模型1戸の制作期間は約1週間。どの家も屋根を持ち上げられて、中をのぞくとトイレや階段、居間などが描かれた製図を見ることができる。

 鎌田さんは「商売柄、お客さまに模型を作ってあげる機会が多い。仕事以外でも楽しんでもらえればうれしい。現在、追い込み作業中」と余念がない。影山さんも「本だけでなく、住宅模型の展示会までできるとは思わなかった。皆さんに楽しんでもらいたい」と来場を呼び掛ける。

 展示会は「名作アニメ・マンガの住まい展」と銘打った。盛岡市はベアレン醸造所で8月1~9日、新庄市は荘内銀行新庄支店で8月1~31日に開かれる。入場無料。

2009年06月19日金曜日

http://www.kahoku.co.jp/news/2009/06/20090619t75022.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧