« 鉄道ドンジャラ | トップページ | 旧ジェネオンUSAの事業をファニメーションが継承 Fomer Geneon USA titles will sale from Funimation »

どこでもドアが欲しい(笑) Major anime conventions held at Los Angeles and Paris

アニメ・マンガイベント パリ、LAで10万人規模に[ 海外 ]


 米国のロサンゼルス市で7月3日から6日まで開催されたアニメエキスポ2008を運営するSPJA(日本アニメーション振興会)は、会期中の参加者が実数で43000人であったと発表した。これは昨年の来場者およそ41000人を上回り、過去最高となる。
 またSPJAは今回初めて、実数だけでなく延べでの来場者数も発表した。こちらは10万3000人と10万人を突破したことが明らかになった。

 アニメエキスポ2008は、米国最大の日本アニメ・マンガのイベントとして知られており、今年はロサンゼルス市内のロサンゼルス・コンベンションセンターで開催された。日本から中川翔子さんが訪れてコンサートを行うなど数々の大型イベントや、物販のための展示会場、コスプレ大会などがファンの人気を集めている。
 また、来場者数の発表と同時に来年の開催日程も発表されている。2009年も独立記念日を挟んだ週末7月2日から5日までの4日間行われる。会場も今回と同じロサンゼルス・コンベンションセンターを予定している。

 一方、同じ週末には、パリ市郊外でもヨーロッパ最大のアニメ・マンガイベントであるジャパンエキスポ9が開催されている。こちらも7月3日から6日までの4日間の日程で、パリ郊外ヴィルパントの国際見本市会場で開催された。
 昨年は3日間の開催で8万人の来場者を集めたが、今年は開催日が4日間に拡大している。公式の来場者数は発表されていないが、来場者数は昨年を大きく上回っており、当初予想の10万人を大きく超えたのは確実と見られている。
 ジャパンエキスポは来年の開催日程は発表していないが、来年の開催に先立ち今年10月31日から11月2日まで関連イベントのチビ・ジャパンエキスポをパリで開催する予定である。

 今回、LAとパリのふたつのイベントが共に規模を拡大して、来場者数が史上最高を記録したことになる。これは欧米地域のアニメファンの数が未だ拡大を続けていることを示していそうだ。
 一方で、アニメ・マンガイベントが、アニメ・マンガファンのエンタテインメントのひとつとして定着しているとも言える。こうしたイベントはファンサービスというよりも、主催者にとっても、参加企業にとっても、ビジネスになっている。

ジャパンエキスポ(パリ)公式サイト http://www.japan-expo.com/
    日本語情報 http://www.eurojapancomic.com/fr/japanexpo.shtml
アニメエキスポ2008 http://www.anime-expo.org/

http://animeanime.jp/biz/archives/2008/07/10_3.html

|

« 鉄道ドンジャラ | トップページ | 旧ジェネオンUSAの事業をファニメーションが継承 Fomer Geneon USA titles will sale from Funimation »

イベント・同人誌即売会 Convention」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487205/22210848

この記事へのトラックバック一覧です: どこでもドアが欲しい(笑) Major anime conventions held at Los Angeles and Paris:

« 鉄道ドンジャラ | トップページ | 旧ジェネオンUSAの事業をファニメーションが継承 Fomer Geneon USA titles will sale from Funimation »